• 不可能は、ない
  • 学科紹介 農業生産学科 応用生物科学科 食品栄養学科[管理栄養士養成課程] 食農ビジネス学科
  • 食農分野のトップランナーが語る「農学」の最前線|農学FINDER

大阪府内で唯一の農学部

農業生産学科
[80人]

応用生物科学科
[80人]

食品栄養学科
[管理栄養士養成課程]
[80人]

食農ビジネス学科
[100人]

文理融合分野

※[ ]内は入学定員

大阪から未来展開へ
農村・都市、地域・世界が、私たちのフィールド

摂南大学農学部は、食と農にかかわる一連のプロセスを体系的に学び、広い視野と実践的な知識・技能を身につける教育・研究を行っていきます。
各学科の専門領域を深く学ぶとともに、すべての学科において、「農業生産」「環境・生態系」「バイオ技術」「産業創生」「食の安全・安心」「医療・健康」「国際協力支援」「豊かな持続可能社会」などの幅広い農学の知識・技能を身につけます。

学びの特長

1

都市圏で学べる農学部

大阪府内で唯一の農学部です。大阪と京都の中間に位置する枚方キャンパスは、京阪神を中心に近畿一円からの通学や学外実習に便利です。生産・加工・流通・販売・消費といった、食農ビジネスの一連の流れを、実際に現場で体験しながら学ぶことができます。

2

食農・バイオ技術のイノベーション創出

本学理工学部、大阪工業大学の情報科学部やロボティクス&デザイン工学部(同一学校法人)などと連携し、AIやICT、IoT技術を活用した先端農業分野の研究に取り組みます。また、企業との共同研究を通して、新たな機能性食品・加工食品の開発およびゲノム編集などの先端技術を活用したバイオの研究も展開します。食農ビジネス分野の専門家も含めた、経験豊富な専任教員が本学の特長でもあるきめ細かい教育・研究を進めていきます。

3

薬学部・看護学部との連携教育・研究

農学部を設置する枚方キャンパスは、既設の薬学部・看護学部と教育・研究で連携し、ライフサイエンスキャンパスとして展開します。医療系学部との「食・バイオ・栄養・医療・健康」に関する合同授業や共同研究を通して、広い視野と実践力のある人材を育成します。

先輩学生に聞いた!

REAL VOICE

農学部に通う先輩方にアンケートを実施。学科選びの理由や目標など、リアルな声を聞きました!

※2020年7月24日~8月8日実施。回答者数249名。

Q.1

なぜ農学部に進みたいと思いましたか?

農業生産学科

カカオの栽培の方法や研究を知り、多くの人のかかわりによって食べ物が身近に届いていることに衝撃を受けたため

祖父が農家で、田植えなどの農作業を手伝ったことから、農業に関心を持ったため

テレビで貧困に困っている人について知り、農業従事者になってその人々を守りたいと感じたため

応用生物科学科

微生物や植物、バイオテクノロジーについて興味があったため

中学の理科の教員免許を取得したかったため

ゲノム関係の研究に興味があり、学びたいと考えたため

食品栄養学科

幅広い知識を持った管理栄養士になりたいと考えたため

栄養の知識に限らず、幅広い知識をつけることができると感じたため

農業と食品を結びつけて学ぶことに興味があったため

食農ビジネス学科

生活に密接している、食と経済の両方の分野に魅力を感じたため

経営系の学科への進学を考えていたが、農学と経営が融合した学科に興味を持ったため

高校生のころの農業体験で農学の楽しさを実感し、さらに流通や食農ビジネスを学びたいと感じたため

Q.2

摂南大学農学部を選んだ理由は何ですか?

農業生産学科

スマート農業など、先進的な内容を学びたかったため

環境問題や食糧危機を農学で解決するという考え方に共感したため

応用生物科学科

バイオサイエンスに興味があり、農学から生物まで幅広く学びたかったため

海洋生物について学べる分野があり設備も整っているため

食品栄養学科

看護学部・薬学部との共同授業が魅力的だったため

農学について学びながら管理栄養士資格取得を目指せるため

食農ビジネス学科

食品関係の仕事に就くために必要なことを学べるため

経済学・経営学と農学の両方について学習できる点に魅力を感じたため

Q.3

実際に入学してみてどう感じますか?

「満足」 37%

  • 施設・設備が新しく、充実している
  • 先生が優しい
  • 自然が豊か
  • 器具等が豊富で、実験がしやすい
  • 基礎ゼミナールの授業が楽しい
  • 感染症対策が徹底されている など

「普通」 55%

  • 農業や田植えなどが体験できて面白い
  • 化学実験や農業概論など学びを深めることができ、今後が楽しみ など

Q.4

摂南大学農学部に入学して良かったことや自慢できることは何ですか?

農業生産学科

施設が整っているだけでなく、林も所有していること

応用生物科学科

在学中にさまざまな資格が取得可能であること

食品栄養学科

実習が多くあり、実践を通してスキルを身につけられること

食農ビジネス学科

少人数制で先生との距離が近く、質問や相談に乗ってもらえたこと

Q.5

農学部で学びたいことや、将来の目標は何ですか?

農業生産学科

農業技術者になるための知識を身につけたい!

植物の栽培方法や病気について学びたい

応用生物科学科

生物学を通して、人や動植物・ウイルスとの共存について考えたい

薬品系に興味があるので、人体や生物の内部環境を学びたい

食品栄養学科

食に関する病気について学び、医療分野に詳しい管理栄養士を目指す!

病院で活躍できるよう、臨床栄養学を学びたい

食農ビジネス学科

在学中から、農作物を使ったビジネスをしてみたい

さまざまな経験を積んで発想力を身につけ、企業経営者を目指す

先輩からのメッセージ

きれいな実験器具がたくさんあって、実験が楽しい!

農学部で学びたいのは何なのか、しっかりと目標を持ってください。

出願パターンが多く、文理を問わず受験しやすい!

入学してからの楽しい姿を思い描いて勉強に励んでください!

早い時期から志望校を決め、目標を定めた受験勉強をしましょう!

教科書、過去問題を活用し、基礎から丁寧に復習しよう。

化学・生物・物理・数学の学習を進めていると入学後の授業の理解がスムーズです。

過去問題を繰り返して傾向を知り、自分なりの時間配分や順番を考えよう!

入学者入試区分内訳(2020年度 入試)

※2020年度入試では総合型選抜AO入試は実施していません。

入学者出身都道府県(2020年度 入試)

入学者入試区分内訳(2021年度 入試)

入学者出身都道府県(2021年度 入試)

SDGs(Sustainable Development Goals)|世界を変えるための17の目標:ロゴ

摂南大学「農学部」は、
SDGsを推進します。

SDGs(Sustainable Development Goals)|世界を変えるための17の目標:内容
SDGsとは
2030年までに、持続可能な未来社会の実現をめざす17の目標。
摂南大学「農学部」は、農学を通して、より良い未来を拓く人材育成と研究・開発、社会実践に取り組みます。