教育・研究 教育・研究イメージ画像

  1. トップページ
  2. 教育・研究
  3. 研究支援
  4. 研究所・研究センター

研究所・研究センター

創立40周年記念事業として計画したSmart and Humanの精神を具現化する、学内外の連携研究を推進する包括的な枠組みの第一段階として、2015年4月に「地域医療研究センター」、「地域総合研究所」、「融合科学研究所」を開設しました。また、2017年4月に全学の研究に関わる事項を審議するために、摂南大学研究推進委員会を設置しました。さらに、農学部の設置に合わせて、2020年4月「先端アグリ研究所」を開設しました。

地域総合研究所

経済産業・政治行政から、歴史文化、自然環境、都市インフラおよび福祉保健にまで対応できる総合大学の幅の広さを活かした「総合研究」の枠組みを作り、社会連携を推進する機関です。地域の住民・地域における市民活動と行政・福祉のあり方に焦点を置いて、市民社会活性度および地域の課題を各領域にわたって総合的に研究し、政策のありかたを共に考え社会連携を推進します。

地域医療研究センター

薬学部と看護学部は、「持続可能な社会の実現」の一環として、高齢者社会に必要不可欠である在宅医療を含む地域医療への貢献および地域医療研究の推進を目的とし、「地域医療研究センター」を設置しています。以下の項目を到達目標として運営します。

  1. 薬学部及び看護学部が地域医療機関や地域医療従事者と強い連携を持ち、本学での地域医療の教育・研究を活性化する。
  2. 地域医療を行う看護職へのコンサルテーション(子育て支援、認知症予防とケアなど)や薬学部との共同体による薬物治療に関わる看護活動を支援することにより地域医療の担い手である薬剤師や看護師の質の向上のための教育指導を担当する。
  3. 薬学・看護学の基礎研究と臨床研究を融合するための研究拠点を目指す。

融合科学研究所

本学は、人文科学系・社会科学系・自然科学系にわたる8学部17学科の多様な学問分野を展開しており、理工学部では、学部・学科の枠を越えた共同研究体制を構築し、特色ある研究を推進するため「融合科学研究所」を設置しています。

先端アグリ研究所

摂南大学農学部「先端アグリ研究所」は、学部内の連携や、本学薬学部・看護学部・理工学部、グループ大学である大阪工業大学と連携することによって新しい農学を目指すとともに、広く産学官の連携を推進する新しいカタチのチームです。
農学部の最新の研究成果を「摂大農学セミナー」として、毎月1回オンラインにて開催します。

  • 先端アグリ研究所の詳細はこちら

教育・研究

ページの上部へ